雑報(街ネタ)

●cublue(キュブルー) -
セレクトされた「四角」と「青」が好奇心を刺激する。
大人が楽しむ雑貨店がオープンした!

cublue(キュブルー)年齢を重ねると、人は若い時以上に心から憩えるスペースがほしいと思うようになる。

わが家の中にもゆっくり本が読める自分の場所、仕事の合間にもほっとくつろげるティータイムが満喫できる場所、休日には犬を連れて出かけたくなるとっておきの場所…というように、人によって「フェイヴァリット・スペース」はさまざまだ。
(続きを読む…)

●ヨシコフラスタジオ -
しなやかで神聖なフラが心を癒す。
それぞれのダンスにはそれぞれのロマン物語が眠る。

ヨシコフラスタジオダイアモンドヘッドが見えるワイキキのビーチ。中でも最も優雅な気分を味わえるといわれるハレクラニは、ワイキキの中心に位置していながら、ゆっくりとハワイを感じられる場所だ。

そこにある由緒あるレストランが「ハウス・ウィズアウト・ア・キー」で、庭にある樹齢100年を超えるキアヴェの木の下で、毎晩のように繰り広げられているのがハワイアンミュージックとフラのショー。美しいサンセット風景の中で見られる舞いは華やかにして神聖。そこには、ハワイを訪れた人ならぜひ体験したいと願う夢のような時間が流れる。

ヨシコフラスタジオフラには、人々を勇気づけ、癒してくれる力があるような気がする。

女神ラカがモロカイ島の聖地カアナにフラを生んだとも伝えられ、特に古式フラといわれるフラカヒコは極めて厳粛。ダンスは神に捧げる最も神聖なものと伝えられていることも、不思議な魅力の原因かもしれない。

長野市鶴賀田町のウィンナー楽器2階にある「ヨシコフラスタジオ」は、子供やビギナーからインストラクタークラスまで数百人の生徒が通う人気のフラ教室だ。

カリキュラムも月~土、昼夜ごとに緻密に構成され、レベルによって楽しく厳しくレッスンする。「固定教室以外にも、デイサービスや公民館などにも要望があったら行きます」と、代表の碓井美子さん。

フラはしなやかに体を動かすだけで自然に美容効果を生むため、若い女性や高齢者でも気軽に楽しく学べる。5月からは長野市平林にある「花ボケーSHOP&COLLEGE」にも新クラスが開設される。

ヨシコフラスタジオ碓井さんがフラに出会ったのは22年前。叔母に連れられ通った東京のハーラウ(教室)だった。新幹線も高速道路も開通していなかった当時、長野にはフラ教室がなかった。ベーシックコースを経て、6年間のインストラクターコースを終えて1999年長野市に教室を開校。ハワイ語で先生のことをクムというが、やがて、フラをやるなら生徒たちのためにも直接ハワイのクムから学んだ方がいいと判断。優れた指導者として知られたエドワード・コリア―さんとその娘のカメレ・マーケスさんに師事。特にカメレさんからの影響は大きかったという。

レッスン場で、イプヘケと呼ばれるひょうたん楽器のリズムに合わせてレッスン生たちが優雅な舞いを見せる。たゆたうようにしなやかに流れる体。上体のモーションは、文字を持たなかった古代ハワイを象徴するように歌詞やさまざまな意味を持つ。

愛する王子の心に別の女性の存在があることを嘆き悲しむ舞いや、溺愛する娘の結婚式に贈る舞い、愛らしい孫娘を思う祖母の愛情がにじみ出た舞いなど数あるダンスには、それぞれに繊細なドラマが宿り、ゆったりと包まれていくような優しい世界が広がっていく。

ビアガーデンや夏祭り、介護施設からも招かれ楽しいステージを見せる。どんなイベントでヨシコフラスタジオも絶対に手を抜かないのは「見ている人がフラで心を癒し幸せになってほしい」と願っているから。昨年7月には長野市若里文化ホールで華麗なホイケ(発表会)を開催し話題になった。

「教室には85・6歳の方もいます。フラで気持ちが良くなり、自分だけの時間を楽しむことで、気分もリフレッシュできますよ」と碓井さんはいう。

ヨシコフラスタジオ
(ハーラウ ナー レイ オ ナー プアナニ)
◆所在地
長野県長野市鶴賀田町2101(ウィンナー楽器2F)
◆レッスン料(一例)
成人女性クラス70分6000円/月
子供クラス60分4000円/月
◆問い合わせ
☎026-232-7497
携帯080-6994-7824(碓井)

長野県長野市鶴賀田町2101

●長野さくら事情 -
爛漫と咲き誇る艶やかなさくら・さくら。
今年はいつ観る? 今でしょ!!

長谷寺(長野さくら事情)桜ほど、日本人に愛される花はない。

訪れた春を華麗に祝うかのように、南からいっせいに咲き上るその花は、瞬く間に日本列島を北上し、また、あっという間に散っていく。爛漫と咲いた花の散りぎわもあわただしく、そのはかなさも人々に愛される要因の一つだ。
(続きを読む…)

●花見茶屋 鶴亀 -
桜を愛でる「花見」という習慣、茶屋のあったかい空気。
このすばらしい世界、子供たちにも知ってほしい!

花見茶屋 鶴亀信州の春を告げる美しい桜が、各地で咲き始めた。

桜の名所といえば、長野県内では高遠城址公園(伊那市)、上田城址公園(上田市)、懐古園(小諸)、松本城周辺(松本市)などが挙げられが、長野市民にとっての一番の「桜」となると、何と言っても城山公園、それも石垣の高台に広がる県社境内一帯の470本のソメイヨシノだ。
(続きを読む…)

●須坂市・世界の民俗人形博物館 -
三十段飾り千体の雛飾りに息を飲む。
春の訪れを告げるかぐわしき雛の祭り!

須坂市・世界の民俗人形博物館女の子のすこやかな成長を祝う雛祭りは、江戸時代中期に入って、庶民の暮らしの中に深く溶け込むようになったといわれる。

もともとは、平安王朝時代に、宮廷貴族家庭の幼い姫たちのあいだで行われていた「ひいな」遊びが始まりとされ、おそらく当時は、紙人形や、小さい布を縫って着せただけの簡単な人形だったのだろう。「ひいな」とは「小さくて可愛い」という意味をっている。

そんな雛人形が、時代とともに形も精巧になり、素材も高級化するようになっていった。お雛様には厄払いや魔除けの役目もあったとされることから、その姿にもより美しいものを願う人々の思いも込められたのかもしれない。

やがて、近世になると、京や江戸の日本橋などに毎年華やかな雛市が開かれるようになり、立ち雛から現在みられる座り雛へと移っていく時期の寛永雛、時には60センチにも達するような大型もあった享保雛(きょうほうびな)など、優美なお雛様が次々と登場して、節句の行事をますます華やかに彩っていった。

須坂市・世界の民俗人形博物館雛人形はとても大切なもの。母から娘へ、そして孫へと代々受け継がれてきた家の宝でもあるのだ。そんな思いを込めて、各家々で守られてきた雛人形を一堂に集めて公開するのが、須坂市のアートパークにある世界の民俗人形博物館と須坂版画美術館。ここには、市民に呼びかけて集めた、それぞれの家に伝わる六千体のひな人形が展示されている。

特に、世界の民俗人形博物館には、三十段千体のお雛様を飾る巨大な雛壇が設けられ、訪れた人の目を釘付けにする。

天井に届きそうなほど高い緋毛氈の敷かれた雛壇には、優雅なお顔立ちの内裏雛(だいりびな)や三人官女、五人囃子、随身、仕丁、箪笥、牛車などが並び壮観。その華美な色彩美にもうっとりしてしまう。同じような三十段飾りは版画美術館にも展示されている。

「こんなに豪華で大きな雛壇を見るのは驚き。そして、お雛様の美しさも改めて知りました」と東京から訪れた女性客。写メを撮り続けるお父さんも目立つ。

雪の多い今年の冬だが、北信濃に少しずつ近づいている「春」を感じに、ちょっと出かけてみたくなる催しだ。

須坂市・世界の民俗人形博物館三十段飾り千体の雛祭り
◆期間 1月23日~4月21日(世界の民俗人形博物館)
1月23日~5月8日(須坂版画美術館・歴史的建物園)
◆開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
◆入館料 大人500円・小中学生100円(2館共通入館券)
◆問い合わせ 世界の民俗人形博物館
須坂市大字野辺1367-1
☎026-245-2340

長野県須坂市野辺1367−1