グルメ/カフェ

●やすらぎcafeあかり -
優しい光こぼれる人と人とがふれあえるカフェ。
懐かしさとおいしい香りが溢れてる。

やすらぎcafeあかり昔は、どこの町にもあった「井戸端」という素朴な社交場。そこに行けば、いつもお馴染みの顔が待っていて、誰でもすぐに気取らないおしゃべりの輪に加われた。

けれど、世の中の変化でそんな心地いい場所が周りからどんどん消えていき、同時に、人づきあいのぬくもりも人情も希薄になってしまった。最近はちょっとした「幸せ」を味わえるそんな場所と出会うのはむずかしいのかもしれない。
(続きを読む…)

●十二天茶房 -
懐かしい町屋の中に誕生した茶房。
季節のしつらいもお茶の味わいも深い。

十二天茶房十二天茶房歴史ある町屋が並ぶ門前町をそぞろ歩く。

時には、そんな気まぐれな旅を楽しんでみたい時がある。昨日までとは少し違って感じられる通りの風。

住み慣れた街のはずなのに、居酒屋、乾物屋、そば屋、饅頭屋…と巡るうち、なんだか不思議な懐かしさに包まれていく。長いことシャッターが降りている場所もあれば、頑張って古い暖簾を守り抜いている店もある。さまざまな発見。古風な町屋が新しい発想により、新たな空間として生まれ変わったところもある。
(続きを読む…)

●珈琲の奈良堂 -
老舗喫茶店に息づく大人たちのロマン。
コーヒーのアロマの中に古き佳き時代が漂っている。

珈琲の奈良堂街の中から「喫茶店」がどんどん消えている。それは何も、地方都市・長野に限ったことではなく、東京や横浜、神戸といった洗練された都会の街でも同じことが言える。

かつては、一日中重厚なクラシック音楽を流している名曲喫茶や、居合わせた人たちが声高らかに合唱するうたごえ喫茶、酒類を一切扱わない純喫茶、恋人たちがデートに使う、ちょっと怪しげな同伴喫茶などいろいろな喫茶店があった。そして、中には3階建てだったり、ゴージャスなソファーで埋め尽くされていたり、巨大な絵画が飾られていたりと、今では考えられないほど大規模でお金がかかっている店もあった。
(続きを読む…)

●喫茶Gallery 象庵 –
歴史ある城下町に満ち満ちる
味わい深く知的なアートロマン。

喫茶Gallery象庵長野市松代は真田十万石の城下町。その歴史は元和8年(1622)10月、真田幸村の兄・信之が幕府の命により上田からこの地に移封(いほう)されたことに始まっている。

松代は江戸時代、北信濃の更級、埴科、高井、水内4郡の政治・文化の中心地で、幕末期の人口はすでに1万人に上ったという。
(続きを読む…)

●山のジャム屋
北アルプスを一望する指定席。
おいしいジャムが人の心をつなぐ。

山のジャム屋長野市信更町涌池の高台に山小屋風の佇まいを見せる「山のジャム屋」。

小ぢんまりとした構えだが、ここは是利(これとし)靖雄さん、美穂さん夫妻が開いたジャム加工所とそこで作られたジャムを味わえるカフェだ。
(続きを読む…)

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=mfIt2tzGGcd4m0P6yKK1ZDtnyDp9RXBosQyU%2F1xv85zsu58xLEC28UlWuCuXQn0K0Cg%2Bxb3rIyno2R2q6V4OGw%3D%3D&prvtof=SYBE1WRzi7cqdmTtsXpsagrvGPAJTlYUjEli%2BDbfQC8%3D&poru=adMtmgw%2BQtdpiWa%2FGWQ8c9CNlHYPn%2Fbz5Yph8LD0rodRLgYyqWn0GRxCGSCFS%2F4VZDTDgj5U%2FARVXiLWLCCEIA%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>