戸隠

●戸隠森林館 –
名称は変わっても…森の楽しさは変わらない。
もっと学ぼう、もっと不思議を知ろう!

戸隠の自然と一つになり、その不思議をしっかりと学びたいなら、戸隠森林植物園入口にある「八十二森のまなびや~ecologyBank82戸隠森林館~」が断然おすすめだ。

八十二森のまなびやこの施設、もともとは戸隠森林学習館と称していたが、今年7月1日から県の命名権販売により、来年創立82周年を迎える地元の八十二銀行が、その記念事業の一環として命名権者になった。命名権の契約期間は平成28年度末までで、命名権料は年80万円だという。
(続きを読む…)

見ごろ情報4月ー戸隠森林植物園の花・植物

園内の広い範囲で見られる花・植物

ミズバショウ(サトイモ科)

ミズバショウ〜戸隠森林植物園の花・植物

 

 

 

 

キクザキイチゲ(キク科)

キクザキイチゲ〜戸隠森林植物園の花・植物

 

 

 

 

アズマイチゲ(キク科)

アズマイチゲ〜戸隠森林植物園の花・植物

 

 

 

 

タチツボスミレ(スミレ科)

タチツボスミレ〜戸隠森林植物園の花・植物

 

 

 

 

カタクリ(ユリ科)

カタクリ〜戸隠森林植物園の花・植物

 

 

 

 

ヒメザゼンソウ(サトイモ科)

ヒメザゼンソウの葉〜戸隠森林植物園の花・植物ヒメザゼンソウの葉

 

 

 

 

葉がなくなるとこのような花〜戸隠森林植物園の花・植物
葉がなくなるとこのような花が咲く

 

 

 

 

カラマツ(マツ科)

カラマツの実〜戸隠森林植物園の花・植物カラマツの実

 

 

 

 

カラマツの紅葉〜戸隠森林植物園の花・植物カラマツの紅葉

 

 

 

 

カラマツ〜戸隠森林植物園の花・植物カラマツの紅葉

 

 

 

 

キハダ(ミカン科)

キハダの実〜戸隠森林植物園の花・植物キハダの実

 

 

 

 

夏このような青い実を〜戸隠森林植物園の花・植物夏、このような青い実をつける

 

 

 

 

ホオノキ(モクレン科)

ホオノキ〜戸隠森林植物園の花・植物

 

 

 

 

ツルマサキ(ニシキギ科)

ツルマサキ〜戸隠森林植物園の花・植物

 

 

 

 

 

このような実をつけ鳥が食べます〜戸隠森林植物園の花・植物このような実をつけ鳥が食べる

 

 

 

 

カツラ(カツラ科)

カツラの冬芽〜戸隠森林植物園の花・植物カツラの冬芽

 

 

 

 

コブシ(モクレン科)

コブシの芽吹き〜戸隠森林植物園の花・植物コブシの芽吹き

 

 

 

 

春このような花を咲かせます〜戸隠森林植物園の花・植物春、このような花を咲かせる

 

 

 

 

秋になるとこのような〜戸隠森林植物園の花・植物秋になると甘い匂いを漂わせる

 

 

 

 

トチの木(トチノキ科)

トチの木の冬芽〜戸隠森林植物園の花・植物トチの木の冬芽

 

 

 

 

このような花を付けます〜戸隠森林植物園の花・植物このような花をつける

 

 

 

 

このような実を付けます〜戸隠森林植物園の花・植物このような実をつける

●戸隠高原雪上観察会 –
雪に覆われた静かな高原を歩きながら
冬の戸隠の植物や動物などを観察する

戸隠高原雪上観察会雪に覆われた真っ白な高原。時折響き渡る野鳥の鳴声…。普段は谷や崖になっていて歩けない場所にも簡単に入っていける、スノーシューや歩くスキーで戸隠高原を楽しむ雪上観察会が、1012年3月24日に戸隠で開かれる。ブナの巨木や木々の冬芽、野鳥のほか、アニマルトラッキング(動物の足跡)が楽しめる。運がよければノウサギに出会えるかも。多少の起伏があるが、ビギナーでも十分に歩けるコースが設定されているという。
(続きを読む…)

●戸隠てぬぐい -
パワースポット戸隠で見つけた
開運手ぬぐいに隠れているものは?

つちの子会「パワースポット」がブームを呼んでいる。

TV番組や雑誌などでもしばしばのように特集を組む。価値観の定まらない不確かな時代、人は自分の心を落ち着かせ、束の間であっても納得できる答えを求めている。ブームは、そんな人々の心理を反映しているようにも思える。

そもそもパワースポットとは、その場に身を置くだけで、心身が癒され、神聖さを感じる場所のことをいう。そこには、特別なエネルギーや「気」が存在するといわれる。
(続きを読む…)

●念仏池 -
親鸞聖人が霊験顕著と感動した
戸隠でも静かで趣きある念仏池

戸隠_念仏池戸隠キャンプ場の向かい、戸隠イースタンキャンプ場の駐車場から徒歩ほぼゼロ分。戸隠を案内する看板のすぐ裏手、細い道を進んだところ、すり鉢状になった地形の底に念仏池がある。なんとも赴きある名前だが、浄土真宗を開いた親鸞聖人(1173年〜1262年)にまつわる伝説が残されている。

建歴2年(1212年)に戸隠権現(戸隠神社)の参詣のため、戸隠を訪れた親鸞がこの池の端で念仏を唱えると、池の底からわき上がるような不思議な現象が起きた。この現象に親鸞は戸隠権現の霊験顕著と感激して、念仏池と名づけたといわれている。
(続きを読む…)

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=3DAdbpKTrcw7M6IrKbNdrjt4%2BNvUgXFD4%2B%2BCF%2BAIlgZ%2F3uNLTOv6lB1v4pNLZTPqpN0KEj5y2ggJN5DJzvk24w%3D%3D&prvtof=8zEdIyyluYbdpESqt3bEg8TpznkksSde%2FNa0SbHxV%2FA%3D&poru=EAr3O7w9Sa%2Bs%2BmTZb5%2B60LFUdzgLSfQP1xv3R7oa8iR6km%2FDiX0lCBznNxhWqcbsFJFfLfoULWUcZPDHpDbIfw%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>