長野市街地

●長野七夕まつり2013 -
100点の七夕飾りがアーケードを華やかに彩る。
うちわ片手の夕涼みもいいもんだ。

長野七夕まつり涼風にさらさらそよぐ五色の短冊、趣向を凝らした極彩色の飾り物。長野市の権堂アーケードで恒例の七夕祭りが、7月19日から(8月7日まで)始まった。

七夕はもともと中国の行事で、奈良時代に日本に伝わったといわれる。

南北朝時代の『荊礎歳時記』には、7月7日、牽牛(けんぎゅう)織姫が会合する夜…と明記されており、夜に婦人たちが7本の針穴に美しい彩りの糸を通し、捧げものを庭に並べて針仕事の上達を祈ったとも記されている。それが将来の夢や何かを願う「七夕」の原型となったと考えられる。

長野市の繁華街・権堂商店街で「権堂七夕まつり」が行われるようになったのは昭和23年(1948)のこと。戦後の復興を目指して荒廃した地方都市も少しずつ元気を取り戻しかけていた時代だった。当時は、大売出しを全面に押し出した割引セールが話題になり、たくさんの人々がドッと繰り出した。七夕飾りの華やかさも「復興」を印象付ける効果を挙げた。
(続きを読む…)

●長野相生座・ロキシー -
「横道世之介」がそれぞれの青春を蘇らせる。
人気の沖田修一監督の舞台挨拶も見ちゃいましょう!

長野相生座・ロキシーいい映画との出会いは、いい本に出会うのと同じくらい、その人の人生に大きな影響を与える。

若いころに観た黒沢明や小津安二郎の映画の鮮烈さと感動を、今なお熱く語る人は多いし、美人女優を起用し抒情性豊かな作品を残した五所平之助、濃密なミステリアス世界を作ってみせた野村芳太郎監督などに魅了された映画ファンもいる。
(続きを読む…)

●moedel(モエデル)
35の個性が萌え出るハンドメイド・マルシェ。
女性のみならず男性にも訪れてほしい新しい店だ。

moedel(モエデル)街の中にシャッターの降りてしまった店やテナント募集の張り紙を見つけると、なぜか心が沈む。「この間まで、あんなに素敵な店があったのに…」と少し前のことを遠い思い出のように懐かしがったりする。
(続きを読む…)

●楽徒(がくと) –
ウォーキングブームを足元から支えるショップに注目!
間違いだらけの「靴」選びは「苦痛」につながることもある。

ウォーキングサポートショップ楽徒このところ、中高年や女性たちを中心にウォーキングがブームになっている。

総理府が行った調査によれば、「この1年間に行った運動・スポーツ」の第1位がウォーキングで、2位以下の体操、ボーリングを大きく上回っている。
(続きを読む…)

●亀の湯 –
ほのぼのとポカポカと、こころ通い合う。
身近な名湯・銭湯に行こう!

銭湯・亀の湯スーパー銭湯や山の秘湯もいいけれど、やはり、身近な名湯・銭湯がおもしろい。

そもそも銭湯の始まりは、鎌倉時代にまでさかのぼるといわれ、京都・八坂神社の記録である『祇園執行日記』には、元亨年間(1321~23)に雲居寺の敷地内にすでに「銭湯」があったことが記されており、『太平記』の延文5(1360)年の条には「湯屋」の記事が見られる。それが普及していったのは江戸時代のことだ。
(続きを読む…)