グルメ/B級グルメ

●信州B級グルメ – 黒部ダムカレー(大町市)
黒部ダム誕生から50年。
エネルギーの歴史を学び、おいしいカレーに舌つづみ!

黒部ダムカレー戦後、日本経済復興に伴い、電力不足の深刻さが大きな社会問題になっていた。

当時の火力発電は、目まぐるしく変動する電力需要に速やかに応えることが難しく、それを補える水力発電所の建設が急務となっていた。そこで、クローズアップされたのが、原始に近い大自然が残された日本最大の規模を持ち、深い谷を刻む秘境黒部峡谷だった。

ここを流れる黒部川は、豊富な水量と激しい落差があり、古くから水力発電の適地とされていた。しかし、長年ダム建設を阻んでいたものは、峻厳な地形と冬の豪雪、人を拒絶する雄大な自然だった。

昭和31年、関西電力は「世紀の大事業」といわれた黒部ダム(通称くろよん)建設プロジェクトをスタートさせた。あらゆる知恵と技術の粋を結集させ、自然環境保護への配慮を優先させた前代未聞の巨大プロジェクトだった。それは、原発問題がさまざまな議論を生んでいる現代とは違った意味で、未来エネルギーと向き合った自然界への重要な挑戦でもあったのだ。

費やした歳月7年、当時の金額にして513億円の工費、延べ1000万人もの人手により、昭和38年6月ついに「くろよんダム」は完成した。

黒部ダムカレー黒部ダムは高さ186m(国内1位)、堤頂長492m、総貯水量2億㎥のアーチ式ドーム越流型のダムで、6月26日~10月15日まで黒部ダム観光放水が行われる。アーチ型のダムから噴出する水の迫力は圧巻。美しい虹が架かる新展望広場からの眺めは観光客の歓声を誘う。

この巨大ダムの玄関口にあたる大町市にあるB級グルメが、その名も黒部ダムカレーだ。山盛りのライスでダムを表現したカレーで、ルーの上には黒部湖に浮かぶ遊覧船「ガルベ」をイメージした具材を乗せる。

大町市内を中心に19店舗ほどで味わえるが、目を引くのは、JR信濃大町駅前にある豚肉料理専門店「豚のさんぽ」の大黒部ダムカレー(1680円)だ。大皿に盛り付けられたライスは堂々たるダム堤を築き、じっくりとチョコレート色になるまで煮込んだカレーが、大きなダム湖を形作っている。さらに、ライスの上にはボリューミーな豚の角煮、たっぷりと盛り付けられた新鮮野菜のサラダ。ガルベもキャベツやほぐし肉でできているという具合だ。

黒部ダムカレーじっくりと煮込んで仕上げた丸ごと1本の角煮。フォークでそっと触れただけで崩れるトロットロの肉のおいしさは感動に値する。主役のカレーも具が溶け合ったコクのある味わい。とても一人では食べきれないほどのボリュームだ。

「似たようなカレーは、昭和40年頃にアーチカレーという名前で、黒部ダムのレストラン「扇沢」で出していたようです。それが、時を経て、いまB級グルメとして再登場したわけです。うちも、街を元気にしたいという思いから黒部ダムカレーを出しています」と、飲食事業部チーフディレクター標(しめぎ)高充さん。

ほかにも、
黒部ダムレストハウス(☎22-3402)
くろよんロイヤルホテル(☎22-1530)
こまつうどん店(☎22-0646)
居酒屋花山(☎85-5660)
スープカレーのお店ミルフィーユ(☎22-6898)
シャンティロッジ(☎85-0301)
北アルプスの食卓(☎21-1212)
などで食べられる。(市外局番0261)

今年は黒部ダム誕生50周年。この記念すべき年を訪れた人と共に喜び合おうと「信濃大町はしごきっぷ」など得するプランを企画している。
(問い合わせ/大町市観光協会☎0261-22-0190)

豚のさんぽ
◆所在地 長野県大町市仁科町3168-8
◆問い合わせ ☎0261-85-0129

長野県大町市大町仁科町

●信州B級グルメ – みそすき丼(須坂市)
香ばしい味噌の薫りに誘われる。
おいしい味わいの中から大正浪漫が蘇る。

日本料理・三ツ扇(信州B級グルメ)長野市の隣りに位置する須坂市は、江戸時代には須坂藩主堀氏の領地で、陣屋町として町づくりが行われた歴史ある場所だ。

明治から昭和期にかけて製糸業が栄え、かつては岡谷と並び県下有数の「製糸の
町」として知られたこともあった。現在の須坂には、明治時代以降に建築された懐かしい蔵や古風な佇まいを見せる商家などが点在し、町をそぞろ歩けば独特の郷愁に包まれる。
(続きを読む…)

●ライスハウスABAB -
ふわっふわな卵に幸せ感じるオムレツカレー。
これぞ、ホンマもんのB級グルメだ!

ライスハウスABAB富士宮焼きそばや甲府鶏もつ煮に代表されるB級グルメが、依然として人気を集めている。

信州にも、長野ヤキメン(長野市)、山賊焼き(松本市)、みそすき丼(須坂市)、ソースかつ丼(駒ケ根市)、黒部ダムカレー(大町市)など美味なるB級グルメがひしめいている。全国的にはまだまだ認知度がもうひとつというものもあるが、その味わいはなかなかのものだ。
(続きを読む…)

●長野ヤキメン – トラットリア・イル・カロローゾ –
太麺に味噌の味が絶妙に絡み合う。
長野ヤキメンは注目のB級グルメ!

「長野ヤキメン」を考案した「長野ヤキメン」のオーナーシェフ滝口誠さん

「長野ヤキメン」について語る滝口誠さん

「長野ヤキメン」

「長野ヤキメン」

最近話題のB級グルメ。昨年、神奈川県厚木市で行われた「第5回B-1グランプリ」には延べ44万人もの人たちが来場するなど、今、富士宮焼きそばや甲府鶏もつ煮に代表されるB級グルメが大人気だ。

そもそもB級グルメとは、安くておいしく、日常的に愛されているご当地料理のことをさす。

ところが、長野市は、他の地域でどんどん新しい味覚が生まれていく中で、やや立ち後れの状況にあった。そんな中、昨年8月に行われた長野市のB級グルメを決めるコンテスト(BBBながのプロジェクト実行委員会主催)で、見事グランプリの栄光に輝いたのが「長野ヤキメン」なのだ。

考案したのは長野市門沢のレストラン「トラットリア・イル・カロローゾ」のオーナーシェフ滝口誠さん。

「信州といえばそば。でも、私は長野が誇る食材を生かして新しい発想による全く斬新な麺を作ろうと思った。前から考えていたことだから、5分ほどで誕生したメニューなんです」と笑う。

焼きそばのように、フライパンに油をひき、手際よく炒めていくが、長野ヤキメンならではのこだわりがふんだんに生かされている。例えば麺。特殊製法で作られる太めのムシ麺は中野市の製麺屋に発注。食材も長野県特産の長芋を中心にレンコン、カボチャ、ラディッシュ、パプリカ、ズッキーニ、ベーコン、エリンギなどをぜいたくに使い、ニンニクの香りで食欲を誘う。

さらに味付けは信州白味噌。最後にヤキメンの上に温泉卵が乗っている。とろけた卵とコシのある麺に新鮮野菜が絡まって、味噌とチーズが深いうまさを」引き出している。パスタでもなく、焼きそばでもない。まろやかなおいしい麺の誕生だ。

長野ヤキメンは「トラットリア・イル・カロローゾ」のほか、北石堂町の「ハワイアンダイナー・マウンテンキュー」など市内9店のお店で味わえる。店頭に立っている「長野ヤキメン」ののぼり旗が目印だ。

「B級グルメを広げるためには市民参加型であることが大事」という滝口さん。長野ヤキメンを支える「麺バー」(メンバー)の募集もしている。100円の入会金で、値引きなどの特典がある麺バー証がもらえるが、月に1度は友達連れで長野ヤキメンを食することなどが条件だという。

長野JC内実行委事務局
☎026-228-3260

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=%2BQd2GSQy4qG0rkqKQ4bOMTbGQRRUPfpFhzgdIarrYMXYVdq93B3c0i7RYass%2BOLcSqfiFYih1VX00TvLy6lPkw%3D%3D&prvtof=mcczJ8aoVmngGe7HrFF%2FD%2BGevHtnNyuW8VlyNHPJ9Ho%3D&poru=BNk0xghtCXIIHi7zJdbhcqh3PiCRST5zPpVwZzd8vBXtH6GCOnySXO1Jz94E%2Fd6ib5dPbtk99VgZWbffyIW%2Fgw%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>