告知(お知らせ)

●町屋古本市「本のソムリエー春の章ー」
門前町屋で古書の浪漫にひたれます。
ビブリオフィルよ、春をさがしにいらっしゃい!

町屋古本市古都・鎌倉を舞台に、古書とそれにまつわる人間の謎を解くベストセラー「ビブリア古書堂の事件手帖」(三上延・原作)のドラマ化とその人気を反映してか、最近「古書」がちょっとしたブームを呼んでいる。

偶然飛び込んだ古本屋で、うず高く積み上げられた無数の古書の山の中から、長年探していた「あの1冊」とめぐり会った時の興奮は、本好きなら誰でも味わったことのある忘れられない感動だろう。たとえ、そこに剛力彩芽のような美貌の店主がいなかったとしても…。

いい本との出会いは、愛書家(ビブリオフィル)にとっては「運命の人」との遭遇にも匹敵する出来事なのだ。

そんな、うれしい出会いを実現できるかもしれない春のイベントがある。
(続きを読む…)

●秋葉神社節分追儺祭2013
「鬼は外~、福は内~!」と唱えて福を呼び込む。
特別来賓はささきいさお、田川寿美で景気づけ!

秋葉神社節分追儺祭政権も変わり、新しい年がスタートした。

景気対策や復興を柱とする安倍内閣の滑り出しは、円安・株高の流れが続いていることもあり悪いとはいえないが、領土問題など今後乗り越えなければならない厄介な問題は山積している。決して予断を許さない状況にあることは、先の政権時代と少しも変わりはないのだ。

少し強引だが、そんな社会の不安を一掃し、先行きに大いなる期待を抱かせてくれそうな春の行事といえば…「節分」だ。
(続きを読む…)

●ワールドカップスピードスケート競技会長野大会 –
ソチ五輪に向けて日本人選手が燃える、滑る。
12月のエムウェーブは熱いぞ~!

2012ワールドカップスケートチラシ本格的な冬を迎え、フィギュアスケート、スキー、カーリングなど各地でウインタースポーツが華やかに開催されている。

2014年ソチオリンピックに向けて、各競技とも早くも熱戦の火ぶたが切られている感じだが、長野市でも12月、オリンピック会場になったエムウェーブを舞台に、スピードスケートのワールドカップが行われる。
(続きを読む…)

●「響つないで」実行委員会 –
篠ノ井市民会館のステージ、
そこが私たちの夢を響かせる舞台になる!

響つないで長野市民の「文化」熱は、いったい何度なのだろうか?

これまでも、世界的な歌劇やミュージカル、コンサート、人間国宝による古典落語や歌舞伎、あるいは古今東西の巨匠たちによる名画展…など、さまざまなジャンルの催事がこの町でも行われてきた。けれど、なぜかそこを境にして長野の文化熱に一気に火が付いたという印象は少ない。
(続きを読む…)

●かるかや山西光寺 –
風雅な芸能に酔いしれる一夜かぎりの縁日。
暑さも忘れてしまいそう!

かるかや山西光寺「絵解きの寺」として全国的に知られる長野市のかるかや山西光寺(さいこうじ)で、8月2日の夜、心癒される芸能鑑賞の夕べが開かれる。
(続きを読む…)