●ベアニー店 –
失敗しないお土産選び!
駅前にある「小さな物産館」。

長野県は観光県。美しい自然、ロマンの薫りあふれる歴史と文化、味わい深い温泉や味覚…。春夏秋冬、どこに出かけてもたっぷりの感動を味わえる。

しかし、旅の後、そんな感動のおすそ分けともいえる「お土産」選びとなると、これが意外に頭の痛い話。どこで買っても同じような気がするし、お煎餅やお饅頭では当たり前すぎるし、感謝されるものにしたいし、そうは言っても予算内でシッカリ抑えたいし…なんて、迷い始めたらキリがない。

長野駅前のアベニュー。観光客に人気がある

長野駅前のベアニー店。観光客に人気がある

そんな時、地元「ぐるなが」が絶対間違いなしと太鼓判を押せるのが、ズバリ!長野駅前にある「ベアニー店」という名の店。店内はさほど広くはないが、陳列や商品構成の巧みさによるのか、実際よりかなりワイドに感じられる。

「長野県老舗菓子舗80社のほか、県内有力メーカーとの直接取引で常時2500アイテムぐらいの商品を網羅しています」と胸を張る高山訓明社長。長年、大手土産品商社に勤務し培った「お土産」に対する考え方にブレはない。常にお客さんの動向に目を配り昨日と違う、数時間前と違う「生きた陳列」を心がけている。

オリジナルの生そばがおすすめだとか

オリジナルの生そばがおすすめだとか

今ヒット中なのがオリジナルの「栗しぼり」と超ロングなマーブルチョコ

今ヒット中なのがオリジナルの「栗しぼり」と超ロングなマーブルチョコ

ざっと店内を見回しても、人気2トップの風味が違う信州限定生そば(3~4人前525円・5~6人前1050円)、栗粒入りの生地でこしあんを包み蒸した銘菓「栗しぼり」(10個入り840円・15個入り1260円)をはじめ、ベアニー店オリジナル商品が目に付く。地域でしか購入できないもの、その店でしか買えないものにこだわる社長の姿勢の表れだ。

信州産の食材を使った漬物やワイン、リンゴ、ブルーベリーなどの特産品を使用したクッキーやケーキ、栗ようかん、栗落雁、味噌、地酒などが見た目も楽しくレイアウトされている。
商品に対する信頼感によるのか、定期的にやって来ては野沢菜づけを買っていく地元の常連客もいるという。

「大げさなようですが、うちは小さな物産館だと思っています。場所柄、観光案内所的な役割を担うことも。だから、スタッフたちにも、お客様のどんな質問にもお答えできるようにと販売員教育にも力を入れているんです」(高山社長)。

長野駅前という抜群の立地にある同店。しかし、それだけに甘んじない地味な努力の積み重ねが背後にある。目立たない日々の取り組みが確かな信頼に結びついている。

ベアニー店 長野市末広町
☎026-268-0665

営業時間/8時~20時30分