9月2011

●ぐるなが人物MAP③

ここは、心ふれあえる優しいスペース。
みんなが立ち寄れる「まちの保健室」を作った。

白澤章子さん

白澤章子さん人はいくつになってもいろいろな問題を抱えている。特に、ある年齢を過ぎると「健康」が重要なテーマになってくる。

中年世代の集まりでは、「血糖値が心配で」とか「頻尿で夜、ぐっすり眠れない」とか「目尻のしわや肌のシミが気になって」など、次から次へとさまざまな悩みが口をついて出る出る。もちろん、若い人たちにも異性のこと、妊娠や出産のこと、学校のこと…などいろいろな問題が存在する。
(続きを読む…)

●夏祭り –
五穀豊穣、天下平穏を願ってわっしょい!
あの町もこの町も秋祭りたけなわだ~。

美登里神社の秋祭り美登里神社の秋祭り吹く風がちょっぴり涼しく感じられ始めたら、長野市の各地で「秋祭り」がたけなわとなる。

夏の祭りがどこか勇壮に思われるのに対し、秋の祭りはしっとりとしたぬくもりが感じられる。それは、秋祭りがもともとは稲の収穫後に、新殻を供えて神に感謝し、今まで田にあって守護してくれた神が、山に帰られるのを送る祭りだったからかも知れない。

長野市緑町の美登里神社の秋祭りは9月10日(土)に行われる。子供神輿は午後2時より。大人神輿は午後5時30分、宮司の神事、神輿安全祈願の後、6時に宮出しとなる。例年、神輿好きの担ぎ手が町内外から100人ほど集まり、「わっしょい、わっしょい」の掛け声とともに町内を練り歩く。宮出し後の神社広場では、子供花火大会などが計画されているから、子供たちは大集合。参拝者にはお神酒、粗品が進呈される。伝統ある神輿を眺めているだけで、家内安全、商売繁盛などのご利益が授かりそうだ。さあ、神社にくりだそう。
(続きを読む…)