●草川信と童謡のふるさと長野 –
ちょっ蔵おいらい館にあふれる
草川信のあったかいメロディー世界。

草川信と童謡のふるさと長野草川信と童謡のふるさと長野東町の門前商家「ちょっ蔵おいらい館」で、「草川信と童謡のふるさと長野」と題する展示会(9月27日~10月10日)が開催されている。

草川信は、明治26(1893)年、旧松代藩士の子として長野市で生まれた。長野中学卒業後、東京音楽学校師範科に進み、バイオリンとピアノを学ぶが、その時のピアノの師が「靴が鳴る」「スズメの学校」の作曲者・弘田竜太郎だった。その親交から卒業後は教職に就き、童謡誌「赤い鳥」の童謡活動に参加。大正11年に「夕焼け小焼け」を作曲し、童謡作曲家として一躍有名になっていく。以後、第二次大戦後に至るまで「ゆりかごの歌」「どこかで春が」「緑のそよ風」などおよそ400曲の作品を残している。草川の作品は、いかにもバイオリン奏者らしい流れるような旋律による、心にしみる親しみやすい曲が多い。
(続きを読む…)