●念仏池 -
親鸞聖人が霊験顕著と感動した
戸隠でも静かで趣きある念仏池

戸隠_念仏池戸隠キャンプ場の向かい、戸隠イースタンキャンプ場の駐車場から徒歩ほぼゼロ分。戸隠を案内する看板のすぐ裏手、細い道を進んだところ、すり鉢状になった地形の底に念仏池がある。なんとも赴きある名前だが、浄土真宗を開いた親鸞聖人(1173年〜1262年)にまつわる伝説が残されている。

建歴2年(1212年)に戸隠権現(戸隠神社)の参詣のため、戸隠を訪れた親鸞がこの池の端で念仏を唱えると、池の底からわき上がるような不思議な現象が起きた。この現象に親鸞は戸隠権現の霊験顕著と感激して、念仏池と名づけたといわれている。
(続きを読む…)