●善光寺白蓮坊 –
「むじな地蔵」の穏やかなまなざしと出会う。
心あたたまる伝説の世界へと旅立とう。

白蓮坊長野市のメインストリート・中央通りを上りきると、善光寺境内と町屋の境に出る。

そこから先は、国宝の本堂前まで7777枚の美しい石畳の参道が続いている。

参道の左側には浄土宗の大本山である大本願が建つ。右側には、善光寺講の人たちや旅行者を迎える常円坊、渕之坊、兄部坊といった宿坊が昔ながらの趣ある佇まいを見せている。その石畳を数十メートル歩くと、白蓮坊がある。
(続きを読む…)