11月2012

●ぐるなが+第5地区住民自治協議会 –
冬の野鳥観察会で出会ったコゲラ、カルガモ…。
美しい姿に子供たちが目を丸くした!

いきなり予想外のウグイスと遭遇。
冬は「ホーホケキョ」とは鳴かないのだ。

こどもたちのための冬のバードウォッチング感性豊かな子供たちに、自分たちの町に棲む身近な鳥の生態を知ってもらい、生物と環境との関わりも同時に肌で感じてもらおうと、11月24日(土)午前9時から「こどもたちのための冬のバードウォッチング」が長野市で行われた。
(続きを読む…)

●串揚げ 只今 –
カラッと揚がった旬の食材に舌つづみ。
美酒に酔いしれる冬の宵、沁みるなぁ~。

串揚げ只今吹く風が肌寒く感じられる季節になったら、なぜか恋しくなるのが熱燗と串揚げ。

串揚げは大阪が発祥の地といわれ、新世界の店のカウンターで肉や野菜、魚介などの串揚げを共用のソースに浸けて食べる風景は、食い倒れの街の名物としても知られている。

関西の串揚げは東京や名古屋のそれと比べて、海の幸から山の幸まで、断然その食材の多彩さで差をつける。

そんな本物のアツアツ串揚げを食べさせてくれる店が、長野市にもある。南千歳町しまんりょ小路の「串揚げ只今」。創業は1993(平成5)年で、来年10月には開店20周年を迎える。
(続きを読む…)

●満願餃子 –
皮はカリカリ、中はジューシー。
変わり種餃子のおいしい秘密。

満願餃子ラーメン党を自認する人のおそらく9割以上は餃子が好きだろう。宇都宮や浜松が餃子の本場を競い合っているが、もちろん発祥は中国だ。

そもそも餃子は、中国の家庭で奉公人のいなくなった正月に作り、2・3日はそれを蒸して食べた、いわばごく普通の家庭の保存食のようなものだった。古くから、上手に作ることが花嫁の条件の一つにもなっていた。

そんな餃子が日本に渡り、ラーメンやチャーハンなどとともに深く庶民の食生活の中に定着していったのだ。けれど、そんな風に「餃子」を愛する、「餃子」を食べ慣れているはずの日本人でも、「ムムム?」と驚く餃子がある。
(続きを読む…)

●ぐるなが+第5地区住民自治協議会 –
こどもたちのための冬のバードウォッチング。
小さな感動、いっぱいみつけよっ!

意外にも多くの野鳥に出会えた野鳥ウォーキング「ぐるなが」の市民記者ネット長野(川崎史郎代表)が、11月24日、子供たちのための楽しい野鳥観察会を開催する。

バードウォッチングを楽しめる場所というと、山中の森や大自然に包まれた高原を思い浮かべがちだが、意外にも、私たちが生活している街の中にもたくさんの野鳥たちが生息している。
(続きを読む…)

●横井弘三とオモチャン会 –
60年ぶりに勢ぞろいする9人兄弟の肖像画。
今年の「横井弘三展」も見どころ満載だ!

横井弘三とオモチャン会「日本のアンリ・ルソー」と呼ばれ、晩年を長野市で過ごした童心画家・横井弘三の作品展が、今年も11月23日~12月2日まで竹風堂大門ホール(長野市)で魅力いっぱいに開催される。

白ひげをたくわえ、ズックのカバンをかけて善光寺界隈をひょうひょうと散策していたという横井は貧しかったが、見る者の心にあったかいぬくもりを残す作品を数多く生んでいる。その反面、中央画壇とは一線を画する独創的な気骨のある画家でもあった。
(続きを読む…)

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=nsRbtDsXlLfELj5FyFqyIuSwjEJF6ucKss5omMddMLhRe4bWwTSRsJrEia5cr53rk5LN%2Bo6woSNZOFgcugypDg%3D%3D&prvtof=54XRkk7N12yN1Q%2B0lbBkwPw%2BUMw9kCgww2NbKSed%2FjI%3D&poru=UuXyWdWU5hUZ9uNcfNzlVPaWZRYBBHE9tz%2F7wyHOFUA8qXs4L6DFkVAx7a4%2B9rRYvgDD%2B9516YrIkknmI50D7w%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>