●長野七夕まつり2013 -
100点の七夕飾りがアーケードを華やかに彩る。
うちわ片手の夕涼みもいいもんだ。

長野七夕まつり涼風にさらさらそよぐ五色の短冊、趣向を凝らした極彩色の飾り物。長野市の権堂アーケードで恒例の七夕祭りが、7月19日から(8月7日まで)始まった。

七夕はもともと中国の行事で、奈良時代に日本に伝わったといわれる。

南北朝時代の『荊礎歳時記』には、7月7日、牽牛(けんぎゅう)織姫が会合する夜…と明記されており、夜に婦人たちが7本の針穴に美しい彩りの糸を通し、捧げものを庭に並べて針仕事の上達を祈ったとも記されている。それが将来の夢や何かを願う「七夕」の原型となったと考えられる。

長野市の繁華街・権堂商店街で「権堂七夕まつり」が行われるようになったのは昭和23年(1948)のこと。戦後の復興を目指して荒廃した地方都市も少しずつ元気を取り戻しかけていた時代だった。当時は、大売出しを全面に押し出した割引セールが話題になり、たくさんの人々がドッと繰り出した。七夕飾りの華やかさも「復興」を印象付ける効果を挙げた。
(続きを読む…)