●戸隠てぬぐい -
パワースポット戸隠で見つけた
開運手ぬぐいに隠れているものは?

つちの子会「パワースポット」がブームを呼んでいる。

TV番組や雑誌などでもしばしばのように特集を組む。価値観の定まらない不確かな時代、人は自分の心を落ち着かせ、束の間であっても納得できる答えを求めている。ブームは、そんな人々の心理を反映しているようにも思える。

そもそもパワースポットとは、その場に身を置くだけで、心身が癒され、神聖さを感じる場所のことをいう。そこには、特別なエネルギーや「気」が存在するといわれる。

そこで、神社仏閣はもちろん、山岳、湖沼、滝、島といった日本全国のさまざまなパワースポットが注目されているのだ。そして、その宝庫ともいえるのが信州戸隠だ。

戸隠には、霊山戸隠山の麓に奥社をはじめ、中社、宝光社、九頭龍(くずりゅう)社、火之御子(ひのみこ)社の5社から成り、創建2000年を超える戸隠神社がある。ここには遠き神代の昔、「天の岩戸」が飛来して山になったという神話があり、岩戸開きの神事に功績のあった神々が祀られているのだ。

そんな歴史を秘めた戸隠は、昔から神の住む里と呼ばれ、戸隠信仰の修験者たちの修行の場でもあった。

天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)という無双の神力を持ち、天の岩戸を開いた神を祀る戸隠神社奥社は、参道終盤が意外にきつい登り道であるにも関わらず、休日には長い行列ができるほどの人気ぶりだ。昔は仁王門だった随神門から続く杉並木も森厳な雰囲気に包まれている。

そんな戸隠で見つけた「戸隠てぬぐい」(530円)は、開運スポットならではのご利益グッズだ。えび茶、紺、緑の3色の手ぬぐいには、戸隠神社のシンボルでもある鳥居模様が一面に描かれている。一見すると全く分からないのだが、よーく見ていくと、その中に何と戸隠の「戸」の一文字が隠れているのだ。それを見つけることで開運に結びつけてもらおうと、地元の土産品店、竹細工店、酒店、喫茶店などの店主11人で結成したグループ「つちの子会」のメンバーたちが考案した。

「来ていただいた皆さんに、少しでも戸隠を身近に感じていただきたくて考案しました」とメンバーの一人中谷明由さん。会で出資し、上田市在住のデザイナーつのだちひろさんに依頼して、手ぬぐいと風呂敷(630円)を制作、販売した。

個性豊かで、身に着けるだけでなんとなく運が開けてくるようにも感じられる手ぬぐいは、ご当地限定の御利益グッズとして静かなブームを呼んでいる。

手ぬぐいの販売は、戸隠神社中社前の「おみやげ処宝泉」ほかメンバーの店のみ。さあ、千数百個の鳥居の中から「戸」の一文字を探せるかな?

おみやげ処宝泉
◆所在地 長野県長野市戸隠3503
◆営業時間/8:30~17:00
◆定休日 不定休
◆問い合わせ ☎026-254-2534

長野県長野市戸隠3503

コメント

  • 職場の人が風呂敷を渡しているのを見かけてすごくほしくなりました。
    とてもかわいく縁起がよさそうで
    購入したいのですが郵送して頂けるのでしょうか?

    2013年7月14日 9:04 PM | 樽見 康子

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://gurunaga.com/wp-trackback.php?p=1381

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=8uf2%2FlWzrW2vWshANV%2FJHQaG%2BNEvZsFeA%2FjYPKNPyBr%2BXdzbTkFnsUk%2Fm6T%2F9Bhqhy8x1JsY9q0ir3fGiFOABg%3D%3D&prvtof=Nt97nESBP0HX2dyK%2BR6ewKFe34v85ZYnYXU4HBDrLUA%3D&poru=2bEaj5qI7YNOrNHwoYYCmbkEiZ7LeKkSOQEs9CVPm%2FIVsbDGOzgA%2BYjgpWFNrbjAPRambStLgx1VeprXkwoJkg%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>