●日本野鳥の会長野支部 –
特別講演やグッズ販売、会員の展示や発表まで
信州バードフェスタは野鳥ファン必見の催しだ

信州バードフェスタ(日本野鳥の会長野支部)日本野鳥の会長野支部(小柳守男支部長)は2012年1月28、29の両日、長野市吉田のながの東急ライフ3階で「第9回信州バードフェスタ」を開く。会員による調査の発表やバードカービング(木彫りの野鳥)の展示、グッズ販売など、同支部が1年間にわたって続けてきた活動を披露。日本野鳥の会の研究員を招いた特別講演も予定している。今年は同士部が創設50年を記念して、編集した野鳥ガイド本の発表、販売もある。

初日は午後1時から、同支部会員で長野市立柳町中学校2年生の宮澤小春さんが、「生態から見た森の鳥たちの1年:戸隠森林植物園の鳥類相Part Ⅲ」をテーマにした調査結果を報告。中学2年生ながら、小学校のころから野鳥の観察や調査を続け、長野県学生科学賞の県知事賞を受賞した報告の内容は注目だ。

2日目は午後1時から、日本野鳥の会主席研究員の安西英明さんが「野鳥の不思議in 信州」と題した講演を開催。安西さんは1981年に日本初のバードサンクチュアリ「ウトナイ湖サンクチュアリ」にチーフレンジャーとして赴任した経歴を持ち、ツアー解説をした野鳥図鑑にも数多く携わっている。長年にわたる活動に基づいた野鳥や自然観察、環境教育など幅広い話題で語られるという。

講演に先立って、午前11時からは「安西さんと見よう! 冬鳥観察会」をテーマに会場近くの辰巳池水禽公園で探鳥会を開く。参加料は200円(会員は100円、小中学生は無料)。持ち物は双眼鏡、予約は不要。直接会場を訪れて申し込みをすれば参加できる。

そのほか2日間を通して、野鳥の写真40点やバードカービングの作品30点のほか、鳥の羽、面白い巣箱を展示。双眼鏡やフィールドスコープの展示、販売スペースも設けられ、会員らがアドバイスしてくれる。これからバードウォッチングのグッズをそろえたい初心者におすすめだ。もちろん、中上級者にも対応している。

時間は午前10時〜午後5時(最終日は同4時30分まで)。入場、駐車ともに無料。

第9回信州バードフェスタ
◆日時 1月28、29日
◆時間 午前10時〜午後5時(最終日は同4時30分まで)
◆会場 ながの東急ライフ
◆入場 無料(駐車料も無料)
◆問い合わせ 日本野鳥の会長野支部
/Eメール shinano_tori@yahoo.co.jp
/電話 026-224-0495

ながの東急ライフ
◆所在地 長野県長野市吉田3-22-1
◆問い合わせ 026-259-8181(代)

長野県長野市吉田3丁目22−1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://gurunaga.com/wp-trackback.php?p=1967

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=xFVLbJUxpnljTXuK5byPVEkVtI17AZcAVZm4xlIw5d3h8K3tR%2FQ10sZvWEaBERMQ2XlOtHa0ZMHk7lt%2BymZFSQ%3D%3D&prvtof=1sGyyHLqqjeGFSrclZRKJhbvclLZTHq5FKyN%2B7NxppM%3D&poru=C3GaFYdT0fBetc4Au8lSDeRLNad4ShQ09Tz5TdHB3tH39jTpmFm3RMAB2E4XTHgmlQkASdWAj1w3ZU2OY613qA%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>