●クリエーション・ヒロ
「hiroの布絵物語」が
鬼無里の冬をあったかく優しく包んだ。

hiroの布絵物語見る人の心に安らぎを与える布絵アーティスト・青柳ひろみさんが、1月28日、長野市鬼無里の「鬼無里の湯」で『hiroの布絵物語』と題したショーを行った。

今は一面厚い雪に覆われた鬼無里は、春には81万本ものミズバショウの大群落がみられる奥裾花自然園やブナの原生林、鬼が一晩で作ったといわれる一夜山などで知られ、悲しくも美しい「鬼女紅葉伝説」が今もなお語り継がれている。

全国各地で開催されているhiroのショーは、さまざまなジャンルの音楽に合わせ、青柳さんが全身をリズミカルに躍動させて犬や猫などの動物や植物、風景などの絵を描いていくという夢あふれる内容。窓の外には雪景色が広がる会場には、老人からちびっ子まで約100人ほどの観客が押し寄せ、心地よい音楽と青柳さんの巧みな筆運びに酔いしれた。

「飼っている犬を描いて」と写真を持参したお年寄りの要望に応えて、キャンバスにいきいきと絵筆を躍らせる。たちまち愛らしい犬の絵が完成すると、場内からは割れんばかりの拍手が沸き起こる。

hiroの布絵物語今回のショーには長野市で活躍するギターデュオ(柳原隆人・石黒佑一郎さん)、東京から駆け付けた健康体操の竹田光里さんも参加。柔らかい生演奏と歌、楽しい体操指導もショーをいちだんと盛り上げた。

何もなかった真っ白いキャンバスに、瞬く間に描かれていく絵は、大人も子供も引き込まれる心あたたまる物語ワールド。それぞれが心の中にある自分の物語に青柳さんの絵を重ねていく。

1時間ほどのショーはあっという間に終わりを告げ「楽しいことって、すぐに時間が来ちゃうよね~」という青柳さんの声に、残念そうな歓声が響いた。

寒い寒い冬の山里に、ほっとする素敵な時間が紡ぎだされた。

hiroの布絵物語クリエーション・ヒロ
◆所在地 長野県長野市問御所1315-2
◆営業時間 10:00~18:00
◆問い合わせ ☎026-238-3123

長野県長野市問御所町1315

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://gurunaga.com/wp-trackback.php?p=2137