●薬膳火鍋yangyang –
おいしい火鍋で体もお肌もピッカピカ!
新鮮食材に薬膳のエキスがジワッ~としみる。

薬膳火鍋yangyang厳しい寒さや空気の乾燥で何となく体調を崩しがちなこの季節。でも、それに打ち勝てそうな素敵な店を発見した。

問御所のTOiGO WEST1階にある「薬膳火鍋yangyang(ヤンヤン)」がそれ。薬膳火鍋は疲労回復、健康増進、美肌効果、メタボ防止にも効果があるといわれ、数年前から首都圏で注目され、おしゃれな芸能人がブームに火を付けた。

もともと中国が発祥だが、中国の伝統的な医学では、人間の体は生命エネルギーである「気」、血液である「血」、体液である「水」から成り立ち、3つのバランスが保たれれば健康を維持できるといわれる。それを満たしてくれるのが薬膳鍋というわけなのだ。

yangyangの薬膳鍋は、まず好みに合わせて2種類のスープを選ぶことから始まる。スープには、ピリピリ辛い麻辣(マーラー)、コクのある白湯(パイタン)、特製ゴマダレを使うあっさり風味の北京(ベイジン)の3種ある。肉はラムが用いられるのが一般的だが、特製スープはラム肉特有の臭みを取り、ラムのみずみずしい食感とよくなじむように工夫されている。

薬膳火鍋yangyang国際薬膳栄養士の資格を持つシェフが生み出す3種のスープへのこだわりもyangyangならでは。麻辣スープは、花山椒、唐辛子を入れ、ただ辛いだけではなく旨みも残した。白湯スープは、体とお肌に優しいコラーゲンたっぷり。さらに漢方薬とスープの絶妙な組み合わせで、時間がたつほどに旨みとコクが増してくる。美容効果が高いので女性にはおすすめだという。あっさりとした北京スープは、中国のしゃぶしゃぶにはお馴染みのスープ。羊肉に相性ピッタリで、マイルドな食感を味わえる。

スープが決まれば、コースを選ぶ。初めての人ならアミノ酸、ビタミンをたっぷり含むラム肉、鶏もも、季節の野菜盛り合わせ、油揚げ、絹ごし豆腐、鶏つみれ、水餃子、トッポギ、雑炊(orうどん)、デザートがセットになった火鍋入門コース(2300円)がおすすめ。ラム肉が苦手という人には豚肉などにも変更してくれる。

薬膳火鍋yangyang「夜は女子会も多く、美肌コラーゲンコースが人気です。鍋にキウイ、もも、白ブドウ、ゆずなどのコラーゲンドリンク、コラーゲンボール、薬膳茶がセットされています。薬膳はクセがあるので、最初はちょっと…という方もいるかもしれません。でも、ハマるとこれほどおいしいものはないと言ってくださいます」と店長の日詰祐輔さん。

2011年8月オープンのyangyang。当初は鍋は冬のモノという固定観念があったが、季節それぞれのおいしさが理解され徐々にファンも増えているという。ランチメニューは680円~でサラリーマンにも人気がある。

薬膳火鍋yangyang薬膳火鍋yangyang
◆所在地 長野県長野市問御所1271-3
◆営業時間
/ランチ11:30~14:30
/夜17:00~22:00
◆定休日 第2月曜日
◆問い合わせ ☎026−232−8088

長野県長野市鶴賀問御所町1271−3

コメント

  • 以前に取り寄せをお願いしたことがあります。
    掲載番号に℡をしましたら不通になります。
    またお願いしたいので、困っています。
    これをご覧になったら、メールなどください。
    よろしくお願いいたします。

    ビショップ

    2013年9月16日 12:37 PM | ビショップ康史

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://gurunaga.com/wp-trackback.php?p=2419