●第10回長野灯明まつり
冬の夜に美しくあったかい灯がともる。
善光寺周辺の雅な夜会に酔いしれる!

長野灯明まつり長野の冬を幻想的に彩る「長野灯明まつり」が今年で10回目を迎える。

1998年2月、冬季オリンピックが長野市で開催されたことを記念し、その平和への思いを長野からさらに世界へ、未来へ伝えていこうと2004年に始まった冬祭り。

この祭りを美しく盛り上げるのが、日本を代表する照明デザイナー石井幹子さんがプロデュースする光のアートだ。善光寺本堂、仁王門、山門、鐘楼、ぬれ仏・六地蔵が五輪の色にちなんだ真紅や緑など五色の光でライトアップされ、ふだん見る善光寺とはひと味違う気品と華麗さが加わる。

今年は「国際水協力年」にもあたることから、世界の水問題について誰もが意識できるよう、山門に水の色を加えたライトアップを行うという。

長野灯明まつりさらに、善光寺表参道の石畳から中央通りまで、公募した750基の切り絵常夜灯が並ぶ「ゆめ灯り切り絵展」も、もう一つの見どころだ。応募者の平和への願いが込められたデザイン切り絵が、暗い町並みの中に浮かび上がり感動を呼ぶ。今年は、権堂アーケード西出口近くに、画家中島千波さん、アーティスト小松美羽さんの切り絵と信大美術部の学生たちの作品を構成したたたみ1畳四方の巨大切り絵「ゆめ大灯籠」も展示される。

一方、ライトアップされた善光寺周辺では、夜ごと情緒ゆたかな宿坊を楽しめる「宿坊ゆめ茶会」などが開催されている。例えば、大勧進は「善光寺の絵解とお茶会」(☎026-234-0001)、大本願は「門前まち音楽祭」(☎026-232-6235)、薬王院は「本尊開帳と薬王院の御朱印 天然キノコうどん」(☎026-232-8901)、良性院は「宿坊夢あかりとそば団子のおふるまい」(☎026-233-2386)、吉祥院は「野菜ソムリエの体にやさしい寺庭懐石」(☎026-232-3027)、常住院は「春待ち懐石とゆめ色コンサート」(☎026-232-3090)、白蓮坊は「投影万華鏡ライトアップ」(☎026-238-3928)、淵之坊は「如月の宵-灯り御膳-」などなど。また、2月13日19:30~本堂回廊特設ステージで、TSUKEMEN(ツケメン)による「ゆめ演奏会」も行われる。

長野灯明まつり寒い冬の夜のイベントにも関わらず、会を重ねるごとに、市民はもちろん長野県外からの見物客も増加。今年も、善光寺界隈にいくつもの「夢」が花開きそうだ。

 

 

第10回長野灯明まつり
◆期間 2013年2月9日(土)~17日(日)
◆ライトアップ 期間中毎日18:00~21:00
◆問い合わせ  長野灯明まつり実行委員会☎026-259-1005

山梨県 善光寺駅

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://gurunaga.com/wp-trackback.php?p=4069

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=ASerGQR0wk1VK49r2a9wwWaRoEeup%2F3PE9eQCdHqTzVaFFjJjGQ3j4azXAOszaQAvrGcqXW%2BGbmUeQMQVnOqVg%3D%3D&prvtof=7DitqeLfrem536t15cAesJRbXhcMXZbL5sxvb2RwSGE%3D&poru=KdgNgV2ZvHs2x14nr72TQo8Tn9mRC3XKaMkgg54lpLbBx6QmhFu53GtyGoLFohXMxooFsYjgDGhnwzhSoeopjg%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>