●やすらぎcafeあかり -
優しい光こぼれる人と人とがふれあえるカフェ。
懐かしさとおいしい香りが溢れてる。

やすらぎcafeあかり昔は、どこの町にもあった「井戸端」という素朴な社交場。そこに行けば、いつもお馴染みの顔が待っていて、誰でもすぐに気取らないおしゃべりの輪に加われた。

けれど、世の中の変化でそんな心地いい場所が周りからどんどん消えていき、同時に、人づきあいのぬくもりも人情も希薄になってしまった。最近はちょっとした「幸せ」を味わえるそんな場所と出会うのはむずかしいのかもしれない。

そう思っていたら…、長野市三輪に昨年7月、心ふれあえるうれしいカフェが誕生した。その名も「やすらぎcafeあかり」。自然の光をたっぷりと採り入れた店内は広く、過度な装飾はいっさい施さず、すっきりとしたレイアウト。高い天井、バリアフリーのスペースは、足を踏み入れただけでゆったりとした心地よさに包まれる。

やすらぎcafeあかり漂ってくるのは、香ばしい料理の香り。ランチの充実ぶりも「あかり」の魅力の一つなのだ。ドリンク付きの週替わりランチ(800円)は夏野菜をふんだんに使ったヘルシースタミナ丼など毎週楽しみなメニューが続く。旬の魚がおいしい焼魚定食(500円)、特製タレが食欲をそそる生姜焼定食(500円)のグランドメニューも大人気。ワンコインでひと味違うおいしいランチが味わえてしまうのだ。

そして、おすすめはエビオムライス(500円)。エビがたっぷり入ったライスをぷるっぷるのタマゴが包み込みおいしさ満点。若い人からお年寄りまで幅広いファンがいるのもうなづける。

やすらぎcafeあかり「もともと地域の人にふれあっていただき、喜んで帰っていただける場所にと始めたものなんです。この界隈は長野市でも2番目に高齢者が多い地区といわれます。だから、高齢者の方たちにおいしい食事を楽しんでもらい、ゆったりとした時間を満喫していただけたらと思います」と、センター長の三井智文さん。昼食時には自身も厨房に入り、おいしい料理を作ってくれる。

シフォンケーキも杏仁豆腐もブレンドコーヒー(いずれも300円)も格安。地元客以外にももちろん鬼無里など、遠くから訪れるお客も多いし大歓迎だ。

さらに、広いスペースを活用したサークルや教室、イベントも多彩に行われている。「からだメンテナンス」は毎週火曜日に実施。元気なうちに自分の体を自分で整えるために、やさしい体操をする教室。出産や加齢による骨盤底筋群の緩みやボケ防止に効果的だ。

「創作書道ワークショップ」は毎週土曜日の開講。伊藤倫先生の指導のもとに「あなたが思うままの書」を楽しめる。

やすらぎcafeあかりさらに、あかりの6月イベントにも注目。
21日/午前11:00~(参加無料)語り部松本裕子さんの「高瀬舟」、西沢佐千子さんの「金子みすゞの詩」朗読、
24日/午前11:00~(参加無料)講演「国民年金について」、
26日/午後1:00~(参加費2000円)「初めてでも安心♪プリザーブドフラワー製作」などが行われる。

心からくつろげて、自分の家のようにリラックスできる雰囲気がたまらない。一度気軽にでかけてみよう!

やすらぎcafeあかり
◆所在地 長野県長野市三輪5-45-14
◆営業時間 10:00~18:00
◆定休日  日曜日
◆問い合わせ ☎026-217-7673

長野県長野市三輪5丁目45−14

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://gurunaga.com/wp-trackback.php?p=4478