●鮨処 松見屋 -
昔ながらの鶏ガラだしがしっかりと麺になじむ。
寿司屋のラーメンがこんなにうまくていいの?

鮨処松見屋一度食べたら忘れない、そしてまた突然味わってみたくなる。そんな懐かしいラーメンというのがある。

そばの国信州には、個性豊かなラーメン店も数多く点在する。特に最近では、佐久市にある臨済宗の寺・安養寺発祥の味噌を用いた「安養寺ら~めん」が話題になるなど、信州ラーメンのうまさは全国的に知られはじめている。

そんな中で、長野市中御所町、ハローワーク近くにある鮨処松見屋のラーメンは、派手さこそないものの、しっかりとしたダシの旨さで知る人ぞ知る「名物ラーメン」となっている。

鮨処松見屋店は昭和20年代前半の開業で、65年以上の歴史がある。当時は素朴な食堂だったが、おばあちゃんの作る天丼やかつ丼、中華そばの味は絶品。特にラーメンは、市街地にもまだラーメン店が少なかった時代、その親しみやすい味わいが人気を呼んだ。「ダシは昔のまま。鶏ガラ、豚、それにキャベツ、ニンジン、タマネギ、ショウガ、ニンニク、長ネギなどを入れてじっくり煮込むだけ」と話す店主の小島敏裕さんは3代目。

もともと新宿・老舗鮨店で修業を積んだ寿司職人。26歳の時に実家に戻ったのを機に、食堂から鮨処に名称を変えた。生きのいいネタを使った寿司(松花2800円、橘2000円、松1800円、竹1500円、梅1200円)の旨さも格別なのだが、古くからの常連客たちのために昔ながらのラーメンと定食は残した。

鮨処松見屋あっさりとしていながら、しっかりとした味わいのスープ。それに麺がよく絡む。チャーシューのいやみのない旨さも昔のまま。

「ごくごく普通のラーメンです」と店主は謙遜するが、60年以上前の素朴な味が丼の中で静かな主張をみせている。根強いファンが多いのもうなづける。

ランチタイムには、焼魚、煮物、揚げ物、かつ丼、中華丼などの日替わり定食(700円)も好評。

夕方からは寿司を中心にした和食の時間。季節によっては鯉こくなども登場する。寿司は今頃の時期なら「スズキ、アマダイ、アナゴなんかが最高においしいですよ」。焼酎(吉四六4500円・三楽4500円・純3000円)で一杯やるにはまたとない季節の到来だ。宴会も受け付けているが要予約。料金も相談に乗ってくれる。

鮨処松見屋「先々代からのお客さんが、懐かしくなってといって立ち寄ってくれることがあります。ラーメンをすすり、昔のまんまだねと笑ってくれる時はうれしいですね」と小島さん。
 飾らない雰囲気。気負わない自然なおもてなし。一度訪ねたら、また無性に出かけたくなる、そんな店だ。

鮨処 松見屋
◆所在地 長野県長野市中御所2-15-11(地図あり)
◆営業時間 11:30~13:00 17:00~お客さんがいなくなるまで
◆定休日 土曜日(予約があれば営業)
◆問い合わせ ☎026-226-4649

長野県長野市中御所2丁目15−11

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://gurunaga.com/wp-trackback.php?p=4811

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=d%2BQYnyS0HO3vx3AzF0mI7GiUFCyNZhNNg4p3xcuEDjBt3eSJjFgCPOw4AzS94rurSjt51I2uTDS5qEBrRNDlwg%3D%3D&prvtof=WYs2FabJd8yQzNcxM3XKZSrHaJqFEO4bHemD5fSZiCY%3D&poru=DKUy07qE4Aj9YvRmXrDdQwCYwo4T9JJhogSYplleg7tNDH2FhIKF%2Ft7AhMLmYu2QbiSsXoWUzX7RmPHtr52QTA%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>