●ぐるなが人物MAP③

ここは、心ふれあえる優しいスペース。
みんなが立ち寄れる「まちの保健室」を作った。

白澤章子さん

白澤章子さん人はいくつになってもいろいろな問題を抱えている。特に、ある年齢を過ぎると「健康」が重要なテーマになってくる。

中年世代の集まりでは、「血糖値が心配で」とか「頻尿で夜、ぐっすり眠れない」とか「目尻のしわや肌のシミが気になって」など、次から次へとさまざまな悩みが口をついて出る出る。もちろん、若い人たちにも異性のこと、妊娠や出産のこと、学校のこと…などいろいろな問題が存在する。

けれど、こうした悩みは、よほど深刻な場合を除けば、病院に行くほどではない、相談施設に行くほどでもない、だけど、誰かに聞いてほしい…というレベルの心配事であることが多い。

そんな悩みを一緒に考えましょうと手を差し伸べてくれる人がいる。

白澤章子さん白澤章子さん。40年間、公立小中学校の養護教諭だった彼女は、退職後の2009年9月、以前から構想を描いていた「まちかど保健室」を、新築した自宅にオープンした。

川中島町四ツ屋の閑静な住宅地の一角に、白澤さんが名付けた「川中島の保健室」がある。玄関には、たくさんの子供たちの笑顔が描かれた手作りの木製看板。玄関ドアを開ければ、すぐ目の前に清潔な白色で統一された保健室が広がっている。

「体のこと、心のこと、学校のこと、そんな心配事を聞き、自分も一緒に考えられたらなあと思ったんです」。白澤さんは保健室開設のきっかけを話す。イキイキとした口調、人の話をきちんと聞く姿勢、真剣だが、どこか人懐こい優しいまなざし。初めて訪れてもすぐに白澤さんの世界に引き込まれてしまう。

「最初はね、夫とも、オープンしてもそんなに人が来るはずないよね~って話してました。ところが、開けてみたら予想外の人たちがやってきたんです」。

事前に周辺の団地などにポスティングしたチラシや、地元有線放送などで取り上げられたことも効果的だった。

相談者の年齢も9歳から81歳までと幅広い。相談の内容も若い世代では、登校拒否、性の問題、子育て、授業、家族の問題などの順。正解を導き出せない難問ももちろんある。しかし、相談者たちは白澤さんが一緒に自分のことを真剣に考えてくれたことがうれしく、救われるのだ。

「私自身、初経が来たとき、母親が基礎体温計をくれたんです。50年も前のことだから、当時としては珍しい。後で聞いてみたら、私の出身地の飯田では保健師を呼んで家族計画のことなどを勉強していたらしいんです。地域にそういうことをちゃんと教えてくれる人がいるだけで、人は体のことにも関心を持つ。私もいつか、地域にそんな保健室をつくろうと思ったんです」と白澤さん。

「白澤さんいる?」「先生、今から行っていい?」そんな風に気軽に電話をくれる。なんでもないのに、涼みに来る人もいる。そういう人たちも大歓迎だ。

そうはいっても、一度に何人もの相談者と向き合うわけにはいかない。他人に聞かれては困る話もある。だから、相談はまず電話で。そこで相談の日時を決めてから保健室を訪ねてもらうことになる。

相談室の隣には3000冊を超える本が並ぶ書庫がある。体の本、性の本、絵本、子供理解の本…など様々なジャンルの本。希望者には1週間を目安に無料で貸し出しもしている。

時には、学習会やサークル、講演会、演劇会なども開催されることもある。

「社会の在り様の中で、もがき苦しんでいる人は想像以上に沢山います。でも、ここに来てホッとするといってくれる人がいます。地域の人が気軽に立ち寄れる楽しい集いの場所にしていきたいんです」。

白澤さんのロマンには終わりがない。

川中島の保健室 長野市川中島町四ッ屋1315-12
☎284-8220
開室/月曜~金曜 午前10時~午後5時

長野県長野市川中島町四ツ屋1315−12

コメント

  • 「川中島の保健室」白澤です。お電話ありがとうございました。人物マップに紹介してくださりありがとうございます。
     主人を夫に訂正していただくとうれしいです。
     毎月お茶のみサロンを開いて、気軽に立ち寄れる「川中島の保健室」
    を目指しています。9月のお茶のみサロンに県外のお友達を2人連れてきてくださった方がいました。その方がなんとエコ生活をしていらっしゃるのです。テレビ、冷蔵庫、電話はなく冬はストーブで料理をして夏は七輪でお料理を作るのだそうです。1か月の電気料は800円。この方に11月の第1金曜日のお茶のみサロンでそのお話をしていただきます。

    2011年9月8日 10:36 PM | 白澤 章子

    • これからも、ぐるながは
      川中島の保健室と白澤さんを応援します。
      また新しい情報があったら教えてくださいね

      2011年9月9日 9:31 PM | 川崎 史郎

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://gurunaga.com/wp-trackback.php?p=814

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (12)